忍者ブログ
DVDコレクターの管理人が、個人所蔵1000枚のDVDより、ラベルやパッケージなどのサンプル画像やDVDを観賞した感想などを紹介しています。
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日紹介の新作映画は、エヴァンゲリヲン 新劇場版 破 です。
 




エヴァンゲリヲン 新劇場版 破、公開初日にレイトショーで鑑賞してきました。
冒頭からいきなりの新キャラ登場など、かなりTVシリーズや旧劇場版とは設定や展開などが違うので少々戸惑いもありましたが、これはこれとして新しいエヴァンゲリヲンなんだと受け入れれば良いのでしょうね。
1作目のエヴァンゲリヲン新劇場版 序はそれなりに原作に沿ったストーリー展開でしたが今作品からかなり展開が変わっていますので次回作が楽しみですね。
次回作は2作品同時上映らしいですので出来れば、エヴァンゲリヲン新劇場版 序から見なおして一気に4作品同時に楽しみたいところですね。

PR

本日紹介する新作映画はWall-Eです。






Wall-E(ウォーリー)を遅まきながら劇場で観賞してきました、さすがはピクサー&ディズニーの作品だけあってCGが恐ろしいくらいの出来でした、アニメ映画ながらまるで実写のようなCGに冒頭からまずは驚愕しました。
映画本編の内容も冒頭からしばらくはWall-Eが荒廃した地球でたった1人(まあ別にもう一匹いますけど)でゴミなどを片付けながら700年間過ごしてきた描写が続くのでセリフなどもほとんど無くサイレント映画に近い感じでした。
その後もう1人の主人公的存在のイヴが登場してからは物語はかなり急展開するのですが、その辺りは見てからのお楽しみという事でここでは詳しくは書きません。
主人公のロボットであるWall-E(ウォーリー)に感情移入出来るかどうかで大きく評価が変わってくる映画ではあるとは思いますが、子供から大人までしっかりと楽しめる良いアニメ映画であると思います。
DVDブルーレイ版が発売されたらぜひもう一度改めて見直してみたい映画だと思いました、さすがヒットしているだけあって心温まる良い映画でしたね。

 

本日紹介する新作映画アイアンマンです。






アイアンマン、マーベル・コミック原作のアメコミ映画ですが、ネット等での前評判が結構高かっただけに期待して観に行ったのですが、これがかなり面白い、アクション映画アメコミ原作映画が好きな私にとってはかなりの良作でした、キャッチコピーは、装着せよ-強き自分、とまさにキャッチコピーどおりの内容の映画でした。
特に主役のアイアンマンであるトニー・スタークを演じる、主演のロバート・ダウニーJr.がかなりのはまり役でコメディタッチな部分もシリアスな部分も味のある良い演技で、最初から最後まで楽しんで観賞する事が出来ました。
同じアメコミ原作の映画である、スパイダーマンやバットマン、X-MENなどよりもこのアイアンマンはマイナーな作品かも知れませんが、私にとってこのアイアンマンという映画は同じアメコミ原作の映画の中でもベスト3にランクされる映画でした。
普通の人間であり、何の特殊能力も持たない(天才ではありますが)主人公のトニー・スタークが自分の過去の行いを悔い、アイアンマンとして悪を倒す、かなりベタではありますがこれが最高でした。
このアイアンマンという映画、エンドクレジットの後にもちょっとしたおまけ的な映像がありますが、アメコミ好きでなければあまり意味が分からないと思いますが、次回作があるんだなという事だけは分かるとは思います。
アイアンマン、次回作が今から楽しみな映画であると私は思いました。



忍者ブログ [PR]
映画・アニメDVD検索

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
管理人
性別:
非公開
お勧めDVD


最新CM
バーコード
フリーエリア