忍者ブログ
DVDコレクターの管理人が、個人所蔵1000枚のDVDより、ラベルやパッケージなどのサンプル画像やDVDを観賞した感想などを紹介しています。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日紹介する映画DVDは、アンドリューNDR114です。

アンドリューNDR114

1999年に劇場公開された、クリス・コロンバス監督、ロビン・ウィリアムス主演の近未来SF映画です。
この映画の原作はロボット3原則を提唱した、アイザック・アシモフです、原作の原題はバイセンテニアル・マンです。
ストーリーの基本としては、ロボットが個性や自我を持ち人間になるために努力をしていくという物で、その過程の中で色々と事件が起こっていくという話です。
SF映画としては良くありがちな内容のストーリーですが、このアンドリューNDR114はその良くありがちなSFストーリーを良く出来たシナリオによって素晴らしい感動の物語として完成させています。
主人公のアンドリューはラストで人間になる事が出来たのか?科学が発達していく事によってロボットは人間になる事が出来るのか?感動と共に考えさせられる映画ですね。
PR

本日紹介の映画DVDエラゴン 遺志を継ぐ者です。

エラゴン 遺志を継ぐ者

この映画エラゴン 遺志を継ぐ者は、クリストファー・パオリーニによるファンタジー小説3部作を原作にした映画の第1弾です。
世界を救うと言う伝説のドラゴンライダーに主人公であるエラゴンが選ばれ、かつて全てのドラゴンライダーを裏切り世界を手に入れた一人のドラゴンライダーから世界を救うと言うファンタジー映画です。
映画を観賞した感想としてはロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)に似ていますね。
ただロード・オブ・ザ・リング程の重厚さは無いですね、ドラゴンの目線で空を駆け回る爽快感はありますが、映画の出来自体は疑問が残る作品だと思います。
何も考えずに観るのなら、そこそこ楽しむ事は出来る映画だとは思います。

本日紹介の映画DVDは、アメリカングラフィティです。

アメリカングラフィティ

このアメリカングラフィティと言う映画は1973年に公開された、ジョージ・ルーカスの出世作とも言える作品です。
当時はまだ無名だった、リチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、ロン・ハワードなども出演しています。
このアメリカングラフィティのヒットによって、ジョージ・ルーカスは、後にスター・ウォーズシリーズを製作する事が出来るようになったと言われています。
このアメリカングラフィティという映画は基本的には、まさに60年代のアメリカの青春映画といった感じの作品ですが、ルーカスの巧みな演出によってただの平凡な青春映画にはなっていません。
観ているだけで懐かしくなってくるような、そんな甘酸っぱい青春映画の一本だと思います。
個人的にはこの手のアメリカの60年代から70年代の青春映画は大好きです。


忍者ブログ [PR]
映画・アニメDVD検索

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
管理人
性別:
非公開
お勧めDVD


最新CM
バーコード
フリーエリア